飲食店の買収

飲食店の買収を検討している方へ
こんなお悩みありませんか?

  • 開業したいがノウハウがない、もしくは少ない
  • 優秀な人材を獲得したい
  • 資本金・開業資金が限られている
  • 店舗数を増やして売上規模を拡大したい
  • 出店計画のスピードを上げたい
  • 地元ではない土地に進出してエリアを拡大したい
  • 飲食店経験はないが店を経営してみたい
  • 数店舗まとめて入手したい
  • いきなり黒字で経営を始めたい
  • 初めての出店で失敗したくない

飲食店M&Aサポートで解決します!

飲食店を買収・購入するメリット

飲食店のノウハウがなくてもOK

すでに運営されている飲食店を買収するなら、業態の開発が不要で飲食店の細かいノウハウごと手に入れることができます。飲食店に初チャレンジの場合は、手間が省けて安心です。フランチャイズ加盟も一つの手段ですが、一国一城の主になりたい方にはM&Aもお勧めです。

いきなり黒字の経営も可能

黒字運営の店舗を買収する場合、短期間で利益が上がる可能性が高まります。
その分、買収価格は高くなりますが、ゼロから業態を作ってチャレンジするよりはスマートです。逆に、赤字の店舗であれば、リーズナブルに購入することができます。

優秀な人材を獲得したい

店舗の譲渡契約が完了した後、既存の従業員に残ってもらうようにお願いすることができます。すでにその店を熟知しているスタッフを丸ごと引き継げれば、スムーズに経営をスタートできます。今どきは、優秀な人材を一人確保するには100万円かかるとも言われており、見逃せないポイントです。ただし、従業員が残ってくれるかどうかは個別の交渉次第となります。

売り上げを積み上げられる

規模のメリットを出すため、上場を目指すため、など多店舗展開を目指していることもあるでしょう。会社ごともしくは事業ごと買収すれば、短期間で売上規模を拡大することができます。M&Aは経営にかかる時間をお金で買う、という側面もあるのです。

限られた資金でスタートできる

飲食店のM&Aは、単なる居抜き物件の買取りよりは高い金額の取引になりますし、当社がいただく報酬も発生します。しかし、新規事業の立ち上げには、お金だけでなく大きな労力と時間もかかります。M&Aなら経営リスクを軽減することができ、限られた資金でもスタートできます。

買収の流れ

STEP
1

個別相談

まずは、無料相談をお受けください。お電話(03-6661-9927)または、お問い合わせフォームからお問い合わせいただけます。

STEP
2

秘密保持契約・アドバイザリー契約の締結

案件のご提案をスタートする前に秘密保持契約書、アドバイザリー契約書を締結します。

STEP
3

買収対象の選定

弊社に売手登録されている方や独自のネットワークの中から、ご希望の条件に最適な企業を探し出します。

STEP
4

条件交渉

価格や時期等についての調整を図りながら、弊社が売手候補企業と交渉を進めます。

STEP
5

基本合意書の締結

譲渡価格の仮決定や譲渡条件が決まりましたら基本合意書を作成し、調印していただきます。

STEP
6

買収監査(デューデリジェンス)

売手企業に対してビジネス、財務会計、法律面でのデューデリジェンスを実施していただきます。その結果をもとに最終的な譲渡価格や譲渡条件を調整します。

STEP
7

売買契約締結

売手との譲渡契約書を締結していただき、譲渡代金をお支払いいただきます。また、弊社に成功報酬をお支払いいただきます。

STEP
8

業務引き継ぎ

売手との業務の引き継ぎを行っていただきます。