芸能人が飲食店経営を始めるのはなぜですか?

芸能人が飲食店を経営する理由としては、芸能活動で得られる人脈や、番組出演で学べる幅広い知識が活かせるということが挙げられます。

また芸能人は、第二の人生として飲食店経営を選んでいるケースもあります。芸能界は入れ替わりが激しく安定という言葉から程遠い業界です。そのためムーブメントを起こして有名になった後、その稼ぎを原資にして飲食店を経営するのです。飲食店は日常的に利用する人も多いため、他の業種よりも運営のイメージがしやすいのでしょう。以下では、芸能人が飲食店を出すメリットとデメリットを紹介します。

芸能人が店を出すことによるメリットは、何より知名度です。一般的に開業したての飲食店では集客が課題となりますが、芸能人の経営している店であれば本人の知名度がそのまま宣伝効果になって集客が見込めるのです。経営者として芸能人が店を訪れることもあるため、ファンの中には会いたいという期待を持って来店する人もいるかもしれません。

逆に芸能人が店を出すことによって発生するデメリットもあります。店で何か問題が起こった時、芸能人自身の名前や評判に悪影響を及ぼすことがあります。あるいはその芸能人のことを快く思っていない人たちから、店舗への誹謗中傷がある可能性も否定できません。

飲食店の経営は、知名度のある芸能人だからといって必ず成功するわけではありません。芸能人の名前を出した店舗経営において集客力は大きな武器となりますが、それはあくまで新規顧客獲得に効果を発揮するものとなります。つまり芸能人が苦戦するのは、飲食店経営において重要な要素のひとつであるリピーター確保となり、これには料理や接客の質、徹底した経営管理が必要となってくるのです。

どの飲食店にもいえることですが、宣伝だけが成功してもリピーターを獲得できなければお店は長く続きません。宣伝、料理、接客などどれも欠けてしまわないよう、そして店舗経営の基本を疎かにしないよう注意しましょう。