飲食店を副業で始めるにはどうすればいいですか?

副業で飲食店経営を始めるには、まず会社の就業規則を確認してください。副業が禁止されていないようなら、どのように飲食店経営を行うか考えていきましょう。飲食店経営にはいくつかの形態が存在しますので、その中から副業に適したものを2点紹介します。

【フランチャイズ】
フランチャイズとは、本部と契約を結んだ加盟店が、対価を支払うことで本部の商標使用権やノウハウを得ることができる仕組みです。とくに本部主導の経営アドバイスを受けることができる点は大きなメリットで、事業者は経営を学びながら経験を積むことができます。また大手チェーン店のフランチャイズであれば、知名度によって集客が見込めるのも良いでしょう。

【オーナーになる】
店舗運営に関して信頼できる人物を店長として雇い、オーナーとして経営を指示する方法もあります。飲食店経営が初めてという人でも、店長に運営、人材育成、お金の管理などを任せることで店舗経営が可能となります。優秀な店長をスカウトするのは困難ですが、店舗に常駐しなくてもよい点は副業として魅力的な形態です。

飲食店経営を副業から始めることには多くのメリットがあります。まず安定した収入を切らさず経営できることです。店舗経営のスタートは収入が不安定な状況から始まりますので、事業者の精神的な助けになります。また経営者に向くのか、それとも会社員のほうが向くのかを時間をかけて見極めることができます。会社を辞めてから経営者になったことを後悔する可能性もあるので、まずは副業から始めてみると良いでしょう。

副業が上手くいけば収入は大きく増える可能性がありますが、もちろんリスクもあります。副業を始めるのであれば、必ずあらゆるリスクを把握してからにしましょう。また会社に所属している以上は本業を疎かにせず、就業規則を守り健全な雇用関係を大切にする必要があります。最低限のルールが守れてこそ、副業を始めるメリットを最大限に享受することができるのです。