飲食店経営を成功させるにはどんなことをすればいいですか?

飲食店経営において、成功のために行うべきことを3つのポイントに分けて紹介します。

【個人経営の飲食店でも経営理念を定める】
経営理念は、企業活動における基本的な考え方のことです。一般的な企業では「どのような会社にしたいのか」、「世の中でどのような役割を果たしたいのか」、「世の中に何を提供したいのか」などが定められています。

経営理念というと法人企業が定めるものと思う方もいます。しかし経営理念を定める目的を考えると、そうとは限りません。経営理念を策定する意義としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. どのような会社かということを外部に伝える
  2. 会社の存在意義を経営者と従業員で共有する
  3. 組織の行動指針を経営者と従業員で共有する

中でも中小規模の飲食店が注目すべきは、2と3でしょう。経営理念を作ることは、経営者が従業員に目指すべき方向性を指し示してあげることとなり、ひいては組織が進む原動力ともなり得るのです。

【客観性とこだわりの両軸を持つ】
飲食店経営者は、世間のニーズを読み取る「客観性」と、自身が良いと思えるものを提供する「こだわり」の両方を併せ持つことが不可欠です。

この2点はどちらが欠けてもいけません。客観性のみを偏重すると、極端なお客様目線に陥ってしまい、経営方針がブレやすくなります。反対にこだわりしか持てないと、お客様の要望を満たせず客離れが起こります。客観性とこだわりの、どちらもバランス良く取り入れた店づくりをしましょう。

【ホスピタリティある接客をする】
飲食店運営において、ホスピタリティの向上は重要なポイントです。ホスピタリティとは、「おもいやり」や「気配り」などからくる相手への気持ちや行動のことをいいます。

ホスピタリティのある接客とそうでない接客はどこが違うのでしょう。それはお客様の潜在的なニーズをくみ取れるかどうかにあります。簡単な例としては、お客様から「水を下さい」といわれて水を注ぐのではなく、従業員が「お水のおかわりはいかがですか?」と働きかけるほうが良いということです。

おそらく多くの人が、欲しいタイミングで欲しいサービスをくれるお店へは好印象を抱くのではないでしょうか。お客様が店の印象を決める際には、接客も大きな一要素を占めます。ぜひホスピタリティあるおもてなしを心がけた接客をしてください。