効果的な販促方法とは何ですか?

前回は販促の基礎や理念を説明しましたが、今回は飲食店で効果が見込める具体的な販促方法についてご紹介します。
→販促を行う際の注意点は?

【顧客リストを作成して固定客を増やす】
顧客リストはお客様に会員カードやポイントカードを作成していただいたり、アンケートやプレゼント企画に参加してもらったりすることで集めることができます。顧客リストを作成することで、リストに載っているお客様に、メールやチラシなどでイベントや新メニューなどのお知らせができるためリピート率の向上に繋がります。

【客層に合ったグルメサイトに登録する】
インターネットを利用する販促には様々ありますが、代表的なものはグルメサイトに掲載する方法です。グルメサイトには、サイトに登録したお店の情報を店舗側のみが投稿・編集ができる店舗登録型と、お店に対してユーザーが自由に写真やコメントを投稿できる利用者投稿型の2種類があります。サイトごとにユーザーの利用頻度や、検索者の年齢層が異なるため、お店の客層に合わせたグルメサイトを利用しましょう。

【チラシを配布してエリアを限定した集客をする】
お店のチラシを配布することで、エリアを限定した集客を行うことができます。お店のチラシを配布する方法には様々あり、街頭で直接配布、ポスティング、新聞折り込みなどです。ランチタイムの集客を考えるのであればお昼前に街頭で直接配布を行い、週末の家族連れの集客を狙うのであれば週末の新聞に折り込みチラシを入れるなど、効果的な配り方を考えて実施しましょう。

【イベントを実施して新規のお客様を集める】
イベントを行うことで新規のお客様を集めることができ、さらに常連客を飽きさせないようにすることができます。食材のフェアを実施したり、クリスマスや花見など季節ごとの行事を実施したりすることも効果的です。

飲食店で行える販促方法をご紹介しました。お店の業態や立地によっても有効な販促方法は変わりますので、ご自分のお店にあった販促方法を選ぶようにしましょう。