飲食店の出店場所を探すポイントは何ですか?

飲食店の出店場所を探す上でのポイントは、客層を把握し、人通りの多さを調べ、わかりやすい場所を選ぶことです。それぞれ詳しく説明します。

【出店場所の客層を把握する】
自身の提供したい商品と、その場所で活動している人の需要がマッチしていれば多くの客足が見込めます。そのため、出店場所の客層を把握するのは重要なのです。

出店場所がビジネス街ならば、周辺で働くサラリーマンが主なターゲットとなるでしょう。平日を中心にランチタイムの定食や仕事帰りのアルコールなどの需要が増えます。また高校生や大学生などが多い学生街であれば、高価なお店よりも低価格で味やボリュームに満足できるお店が好まれます。このように、出店場所によって客層と需要は大きく変わるのです。自身の提供したい商品に合うお客さんが集まる場所を選ぶようにしましょう。

【人通りの多さを参考にする】
駅前のような人通りが多い場所は、一定の来客数が見込めるという理由から人気が高くなります。特に駅前は激戦区のため家賃が高いという問題もありますが、徒歩客が多いためお酒を取り扱うお店には好条件でしょう。反対に、駅前でなくてもその立地の特性を活かし、自身のお店のコンセプトとマッチさせることで繁盛しているお店もあるのです。例えば、知る人ぞ知る名店というのがこちらに該当します。

【わかりやすい場所にする】
飲食店の出店場所は、なるべく見つけやすく説明しやすい場所を選ぶことをおすすめします。地下や、2階以上にあるお店よりも、1階で営業している方が繁盛しやすい傾向にあるのもこのためです。普段通る道で必ず目に入る場所や、口頭での説明でも問題なく伝わる道順というのが理想です。

【自分の足で行動する】
出店場所を探す際は、自身が現場に行くことで、実際の人通りの多さや物件が目につきやすいかどうかなどを確かめることができます。周辺を訪れる人の年齢層や近隣の競合店の有無などを詳しく知る上でも欠かせません。また出店場所の近くに繁盛店があるのなら参考にしてみるのも良いでしょう。