将来飲食店を開きたい人はどんなことを学べばいいですか?

将来飲食店を開業するにあたり、どのようなことを学び、どんな資格を取得しておけばよいのか以下にご紹介します。

【経営学を学ぶ】
経営学を学ぶことでマネジメントやマーケティングなどを中心とした経営の基礎知識を身につけることができます。経営学部のある大学や専門学校の他に、飲食店経営をしたい方を対象とした講習も存在します。参考書を読み、独学で勉強するというのも良いでしょう。学校なら様々なビジネスの資格を取るための環境が整えられているため、飲食店に限らず多岐にわたった経営学の勉強ができます。将来飲食店を開業した際にどのような展開をしていきたいのかを明確にし、それに見合った環境を選びましょう。

【調理の技術を向上させる】
飲食店を開業し成功させるには調理の腕が大切です。こちらも経営学と同様に、調理師専門学校や料理教室など多くの場所で学ぶことができます。人気のお店や味に定評があるお店などに勤め、働きながら調理の基礎を一から学ぶというのも良いでしょう。自身が将来経営したい店に活かせる技術や知識を学ぶことをおすすめします。

【衛生管理責任者と防火管理者の資格を取る】
飲食店を開業するにあたり必要となる資格は、公的資格の衛生管理責任者と国家資格の防火管理者の2種類です。衛生管理責任者の資格は、調理師免許または栄養士免許を取得している場合を除き、講習を受ける必要があります。また収容人数が30名を超える規模の店舗は、消防署にて防火管理者の講習を受け資格を取得しなければなりません。ちなみに調理師免許はなくても開業は可能ですが、お店の信頼性を考慮し極力取得するようにしましょう。

将来飲食店を開業したい方は上記を参考に経営学を学び、調理の技術を向上させておくと良いでしょう。そして開業に必要な資格の取得も忘れてはいけません。

ただし、飲食店の開業のためにはこれらを必ずしもすべて一人で行わなければいけないわけではありません。料理人を雇い一緒に開業するのも良いですし、経営面を専門家に任せるというのもひとつの方法です。自身のスキルや目標に合う方法を選びましょう。